9月11日からスタートした、ビッグイシューオンライン


こんにちは、fujinyoです。
ビッグイシューって知ってますか?

僕も今年の初めに何かの記事で読んだのですが、ホームレスが雑誌の販売員となる事で売上の一部を得る自立支援の仕組みです。その雑誌の名前が「ビッグイシュー日本版」です。

ビッグイシューの始まりはロンドン
The Big Issue JapanThe Big Issue Japan / jetalone

1991年にロンドンではじまったビッグイシューは、2003年9月に日本でも創刊されました。
チャリティとか救済ではなく、「仕事」を提供する事で自立を支援・応援する事業です。

1冊300円で、その内の160円が販売者であるホームレスの方の収入となります。
この収入を元に、簡易宿泊所を利用する事で路上生活から脱出を目指したり、アパートを借りて住所を持ち、その住所をベースに就職活動をするという自立へのステップがあります。

どこで買えるの?

ビッグイシューの販売場所については、以下のページに記載がありました。

販売場所
販売者は全員が販売者証(IDカード)を身につけて販売しています。(販売の仕組み)
販売者証を確認してお買い求めください。

身分証明書はこんな感じらしいです。

顔写真と販売者番号の入った身分証明書

そんなビッグイシューのデジタル版が出来ましたよ

そんなビッグイシューのデジタル版が出来ましたよという記事が朝日新聞にありました。

「ビッグイシュー」にデジタル版 雑誌の販売員も紹介
ホームレスが販売員となって売り上げの一部を得る仕組みで自立を支援する雑誌「ビッグイシュー日本版」のデジタル版「THE BIG ISSUE ONLINE(ビッグイシュー・オンライン)」が、11日に創刊する。ネットで気軽に読んでもらい、雑誌をもっと広く知ってもらうのが狙いだ。

デジタル版の「ビッグイシュー・オンライン」では、バッグナンバーから選んだ話題記事を再編集して掲載するようですね。デジタル版で読んで「おもしろいな」と思った方が販売員から直接最新版を購入するような流れを作るのが狙いでしょうか。

さらに、販売員さんの紹介もされるようで身近に感じてもらえる事で認知が広がればいいですね。

この記事を書いている段階(9/11 午前10時現在)は、「ビッグイシュー・オンラインは9/11にスタートします!今しばらくお待ちください。」となっています。RSS登録したので、記事が上がってくるのが楽しみですね。

では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事