conca(コンカ)というサービスをはじめました


こんにちは、ふじーにょ(@fujinyo)です。
本日、conca(コンカ)というサービスをリリースしました。

クリエイターに向けたサービスになっています。

conca(コンカ)というサービスをはじめました

デジタルコンテンツをカード化します

conca(コンカ)はデジタルコンテンツをカード化するサービスです。
作家、ミュージシャン、イラストレーター、写真家、動画クリエイター等、自分の作品を世の中に発信したい方を応援します。

まず、あなたの作品をconcaにアップロードして頂き、カードを購入します。
届いたカードの裏面には、アップロードしたコンテンツをダウンロードするためのURLとシリアルコードが書かれています。

カードを名刺代わりとして無料で配るのも、有料で販売するのもあなたの自由です。
デジタルコンテンツをリアルで発信する方法の1つとしてconcaをご利用下さい。

表面に好きな画像を印刷できます

concaにはいくつかのプランがあります。(※プランについては後述します)
プランごとに価格や制限に違いがあるのですが、スタンダードプラン以上から表面に好きな画像を印刷できます。

concaのテンプレートを編集する形で申し込み時にファイルをアップロードするだけです。
電子書籍作家さんなら、作品の表紙画像を表面に印刷すればかなり個性的なconcaカードが出来上がります。

プランは3種類です

concaのプランはビギナー、スタンダード、プロフェッショナルの3種類があります。
プランによる一番の違いはカードの厚みです。約0.3mm, 約0.5mm, 約0.7mmとなっています。
また、カードの枚数は30枚、50枚、100枚から選べますので利用用途にあわせてお選び下さい。
価格帯は以下の様になっています。

– ビギナープラン
– 30枚 : 6,980円
– 50枚 : 9,980円
– 100枚 : 15,980円

– スタンダードプラン
– 30枚 : 8,980円
– 50枚 : 12,980円
– 100枚 : 19,980円

– プロフェッショナルプラン
– 30枚 : 11,980円
– 50枚 : 16,980円
– 100枚 : 24,980円

各プランの詳細は 価格と送料 についてのページをご覧ください。

無料サンプルあります!

「カードの厚みの違いがよくわからない」「印刷の品質を確認したい」という方の為に無料サンプルも用意しています。
まずは実物を触って確かめてから各プランの注文を検討してみてください。

最後に

概要をささっと紹介しましたが、配信用ファイルについて等サービスの詳しい部分はぜひconca公式サイトで確認して下さい。
あなたの作品を世の中に発信するお手伝いをconcaで出来れば幸いです。

では、また。

conca(コンカ)

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事