2012年09月 電子書籍サーチ 書籍アクセスランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、fujinyoです。
電子書籍サーチの各書籍のアクセスランキングです。

どういう書籍が人気があるか、またどういう書籍に電子化の声があるか少しは明らかになるかと思います。
では、第1位から。

第1位 はれた日は学校をやすんで

1位はダントツで「はれた日は学校をやすんで」でした。
検索ボックスの横にサンプルとしてISBNを出してので、試しに検索してみる人が多かったようです。

ちなみに、西原さん関連でこんな記事書いてます。
『この世でいちばん大事な「カネ」の話』はフリーランサーの教科書でした

第2位 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

2位は、長谷部誠の「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」です。
GIGAZINEさんの記事でこの書籍がサンプル紹介されていたので、その影響が大きいですね。
iTunesStoreが最安なので今度読んでみようかな。

第3位 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

3位は、「もしドラ」でした。
この本も読んだことないですが、人気ですね。アニメコミックも出ています。

第4位 ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて

4位も、ドラッカー。「ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて
ドラッカーのマネジメントは、数年前に購入したんですが前半部分で分からなくなって挫折した記憶があります(汗

第5位 ジョジョの奇妙な冒険 1 Part1 ファントムブラッド

5位は、「ジョジョの奇妙な冒険 1 Part1 ファントムブラッド」でした。
電子書籍ストアBookLiveにてシリーズで販売されています。

第6位 涼宮ハルヒの憂鬱

6位は、「涼宮ハルヒの憂鬱」。
扱っている電子書籍ストアの数も多いですね。ただ、紙の書籍との差額はそれほど大きくないです。

第7位 スティーブ・ジョブズ I

7位は、「スティーブ・ジョブズ I」。
残念なのは、紙本も電子書籍も差がない事ですが、そんな事関係なく読む価値ありです。特に、ジョブズについて「Appleのすごい人」ぐらいにしかイメージのない人はぜひおすすめします。

第8位 天地明察(上)

8位は、9月に映画も公開された「天地明察」です。
第7回本屋大賞受賞作。

第9位 テルマエ・ロマエ I

9位も、映画化が話題になった本でした。「テルマエ・ロマエ I」。
阿部寛さん、いいですよね。

第10位 究極のドラッカー

10位にもドラッカー本がランクイン。「究極のドラッカー」。

最後に

個人的には、アダルト関連とかコミック関連が上位かと思いましたがそうでもなかったですね。

来月からは、検索ボックス横のサンプルはランキングからはぶかないとダメですね。
既に、サイト上には表示していないので必然的に下がっていくとは思いますが…。

では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加