電子書籍サーチをリリースしました


こんにちは、fujinyoです。
約1ヶ月ぶりの新サービスリリースです。

サービス名は、「電子書籍サーチ」。
Amazonや楽天を閲覧中に電子書籍版との差額を調べられるサービスです。

サービス開発のきっかけ
iRiver Story eBook Reader ReviewiRiver Story eBook Reader Review / Andrew Mason

電子書籍サーチの開発のきっかけは僕自身の体験から来ています。

ある書籍の購入に悩んでいた時に、書籍タイトルでGoogle検索をかけて書評記事やレビューを見ていました。いくつかの書評を見て回って、「よし!買おう」と思ってすぐにAmazonへアクセス。価格は1,890円でした。

注文できたので、Google検索から開いていたいくつかのタブを消そうとした時に
書評記事ではなく、書籍の電子書籍版の販売ページを見つけました。書籍としての内容はもちろん同じ。

価格は、1,200円。なんと690円も安いんです。
Amazonさんには申し訳ないですが、すぐにキャンセルし、電子書籍版で購入しました。

このように、電子書籍の方が紙の本より大幅に安いという事が多くあります。

僕の中で、「本買うならAmazon」みたいな感じがあって、(特に書籍は)あまり他のサイトと価格比較せずに買っちゃうんで電子書籍として出版されているか、価格の差がどれくらいあるかをサービスにしようと思い立ちました。半分ぐらいは自分が使おうという感じです。

電子書籍サーチの使い方

電子書籍サーチを使うには、検索したい書籍のISBNという10桁、もしくは13桁の番号が必要です。

Amazon.co.jp ISBNの探し方
書籍ページの登録情報欄に「ISBN-10」と「ISBN-13」という項目があります
Amazon.co.jp ISBNの探し方
楽天ブックス ISBNの探し方
書籍ページの商品情報欄に「ISBNコード」という項目があります
楽天ブックス ISBNの探し方

取得したISBNをサイト上のテキストボックスに入力して検索ボタンを押すだけなのですが、これは面倒だという方に「ブックマークレット」を用意しています。

電子書籍サーチブックマークレットの使い方

電子書籍サーチ

ブックマークレットを利用する事で、Amazon、楽天ブックス、ライブドアブックスの書籍ページ閲覧中にブックマークレットをクリックするだけで、電子書籍サーチで閲覧している書籍の検索が可能です。
ISBNを探したり、テキストボックスへ入力したりする手間が省けます。

サイト上にあるブックマークレットのリンクをマウスをクリックしたまま、ブラウザのツールバーやお気に入りバーに追加(ドラッグ&ドロップ)してご利用下さい。

電子書籍サーチの仕組み

hon.jpさんのWebサービスAPIを利用しています。
ISBNをキーに、hon.jpをはじめとする各APIで書籍を検索して表示というのが簡単な流れです。

ブックマークレットも特別な事はしていなくて、該当のページ内のISBNを探してGETで渡しているだけです。

APIはもちろんですが、hon.jpさんにはサービス開発について問い合わせ等でかなりお世話になりました。
ありがとうございます。

最後に

記事を読んで気になったら、ぜひ使ってみて下さい。
使って見て、ちょっと便利だなと思ったらブログで記事にしてくれたり、SNSでシェアしていただけると喜びます(´ε` )

では、また。

このリリースに関するファイルはこちらからダウンロードできます(ZIP形式 305KB)

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事