[アイデア] おじいちゃんおばあちゃんが孫のためにお金を使うサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、fujinyoです。
昨日、「ビートたけしのTVタックル」を見ていました。

その中の阿川佐和子さんの発言が今回のきっかけです。

孫のためにお金を使いたい
With the Danbos! - Peace Pig 264With the Danbos! – Peace Pig 264 / Nomadic Lass

昨日のTVタックルは、日本の景気回復の為にどうすべきかという議題だったわけですが
その中で高齢者の金融資産に税金をかけるみたいな話になりました。(正確ではないかも…)

すると、スタジオにいる出演者の方からはブーイングが上がり阿川さんが次のような発言をしました。

孫のためにお金を使いたい

あぁ、なるほど。おじいちゃんおばあちゃんは老後の為に自分の食事すら1円でも安いものを買うけど
かわいいかわいい孫のためならお金を使ってもいいと思ってるんだと。

じゃあ、そういうサービスを作れないか

そこで、「おじいちゃんおばあちゃんが孫のためにお金を使うサービス」を作れないかと考えました。
同時に浮かんできたのはサービス名です。ズバリ「MAGOO(マゴー)」。Shufoo!と同じような響きですw

ただサービスの内容は全然決まっていなくて、ただモノを買ってそれを孫宛に送るだけなら楽天でもAmazonでも可能です。しかもターゲットは、高齢者層なのでネットを使わずに近くの百貨店や専門店へ行っちゃうでしょう。。。

ただ、おじいちゃんおばあちゃんがネットをしないかというとそうでもありません。
電通総研の調査では60代の7割がネットを利用していますし、高齢者やシニア層向けに特化したサイトはいくつかあります。

何を送るか

流行語大賞で、「終活」という言葉がトップテンに入っていました。
「人生の最期を自分の望むように自分で準備すること。」という意味です。

何ヶ月か前に、「終活」について特集した番組があって最後まで見ていました。
本が大好きなおばあさんは、終活の1つとして自分の友だちのお孫さんが中学生になるまで毎月絵本を送るという契約を本屋さんとしたそうです。
おそらく代金は全額前払いで、おばあさんが亡くなっても毎月本は送られます。

なんかこういうのが出来ればいいなぁと思いますね。
本でも何でもいいし、お酒が好きなおじいちゃんなら酒屋さんと契約して孫が20歳になったら、おじいちゃんが好きな(好きだった)お酒が送られてくるとか。

最後に

昨日のテレビ番組から、かなり前に見た番組の話まで思い出しながら書いたので、内容に若干違う所があるかもしれません、すいません。
シニア向けのショッピングサイトやコーナーはいくつかあるんですが、だいたい自分のためのモノしかなく、孫向けになにかを買うというサイトはざっと探しても見つかりませんでした。

個人的にはおもしろいと思います。
では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加