DropBoxを使ってニュースリリースを送る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、fujinyoです。
Webサービスをリリースした際に、あなたは何をしますか?

SNSやブログでの告知もそうですが、ニュースリリースを送る事を忘れてはいけません。
「どうせ掲載されない」とは思わず、たいした手間にもならないので必ず実行しましょう。

ニュースリリースは相手の事を考えて送る
Newspapers B&W (2)Newspapers B&W (2) / NS Newsflash

NAVERまとめでこんなまとめがありました。

新サービスを出すときにリリースを送りたい連絡先60連発!
サービスを出すときにプレスリリース、しますよね。プレスリリース代行サービスを使うのもいいんだけど、もっと知ってほしい…そんなとき連絡したいメディアを集めました。快く門戸を開いていただいてるメディアさんなので、リンク先をよく読んで自己責任でご連絡くださいね。【今後も追加予定】

スマホ関係がちょっと多いのが気になりますが、大変助かる記事ですね。

僕も、電子書籍サーチをリリースする際にニュースリリースについての記事をいくつか読みました。
その中で、「なるほど!」と思ったのがihayato.newsさんの記事です。

サービスリリース記事を記者に書いてもらいたい時は「プレス素材」を用意しよう
超おせっかいな話なんですが、記者やブロガーにリリースを送るなら、「プレス素材」を付けておくと書いてもらいやすくなると思います。

素材を一緒に送ってくれると掲載されやすくなるかもねって話です。
「宣伝してくれー、掲載してくれー」っていう感じじゃなくて、掲載する方も大変なんで少しでも相手の手間を減らすことを考えましょう。

プレス素材をDropBoxにあげておく

ここで、1つ疑問が出ました。

ニュースリリースはメールで送ります。
画像なんかのプレス素材は、メールに添付するの?という事です。
いきなりファイル添付するのはどうなのか。迷惑メールだと判断されてしまう可能性もあるかも。

そこで、DropBoxを使う事にしました。
DropBoxには「Public」というフォルダがあります。いわゆる公開フォルダです。

このフォルダに入れられたファイルは、公開用のURLが割り当てられるので、そのURLを知っている人であればファイルのダウンロードが可能です。

Publicフォルダ内に、ニュースリリースそのものであるテキストファイルとプレス素材を入れたフォルダをZIP圧縮したものを入れます。このZIPファイルのURLだけを相手に送るメールの中に記載しておくだけです。

プレス素材には、ロゴやトップページのキャプチャ等を入れておきました。

まとめ

今回の方法は、あくまで僕がやっている方法というだけでこれが正しいかどうかはわかりません。
受け取った記者の方からすると「面倒な事せずに、添付しろや!」って感じかもしれないです。なので、「掲載されなかったんですけど…」って言われても僕は責任持てません(^_^;)

では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加