連絡先を公開していない事でチャンスを逃していませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ふじーにょ(@fujinyo)です。
すいません、タイトルは少し煽りすぎました。住所や電話番号を晒せという意味ではないのです。

Webサービスを運営していく中で、もったいないなぁと思う事があったので記事にしました。

あなたはもっと個人情報(メールアドレス)を晒すべきなんじゃなかろうか

僕のサービスの性質

ホームページ評価.com言い値書店というサービスを運営しています。
どちらも、僕自身がなにかサービスやコンテンツを提供するという形ではなく、サービスを提供できる人やコンテンツを提供できる人(以下、コンテンツホルダー)にサイトに登録していただいて成り立つサービスです。

ですので、素晴らしいモノを持ったコンテンツホルダーを集める事がかなり重要になるわけです。

地道にコンタクトを取りたいのだけど…

コンテンツホルダーさんを探す為に、いろいろと検索をかけます。
Google検索から1つ1つサイトを当たったり、目的の層の方がいそうなサービスを見まわったり…

そうやって見つけた方には、地道にコンタクトを取って「僕のサイトに参加していただけませんか?」とお願いしています。既に上記2つのサービスをスタートさせてからこういったお願いメールは100通を超えていると思うのですが、この言うならば「スカウト活動」をしているとつくづくもったいないなぁと思うことがあります。

そうです。コンタクトが取れない方がいます。
メールアドレスはおろか、TwitterやFaceBookをはじめとしたSNSアカウントすらわからないのです。

サイト上にプロフィールを公開し日記を更新しつづけ、作品や実績まで発表しているのにメールフォームがない。そんなに素晴らしい作品を持っているのになぜ?と思ってしまいます。

もちろん、「作品はサイトだけで発表すれば十分、これは趣味」「これで稼ぐつもりはない」という方もいるでしょう。

それはわかっているつもりですし、そういう方はそれでいいと思うのですが、自分の作品や自分自身がもっと世に出るかもしれない可能性を捨てているかもしれないわけです。

中には、「お問い合わせはこちら」というリンクが切れていたり(だいたいレンタル形式のフォームだったりする場合が多い)、送信ボタンを押しても反応しなかったりはほんとによくあります。

メールアドレスかSNSか

じゃ、公開するのはメールアドレスがいいのか、SNSアカウントがいいのか。

断然、メールアドレスです。
とにかく連絡しやすい。クローズドなやり取りができます。

逆に、Twitterだとフォロワーにしかダイレクトメッセージは送れないですし、たくさんの方へ一気にリプライを送ってしまうとタイムライン上に同じような内容のツイートが並ぶ。これって声を掛けてもらった側からすると「誰でもいいのか?」という印象を与えてしまう。そういう意図でなくても。

それなら、FaceBookはというと一番連絡が取りにくい。
FaceBookの場合は基本的には誰にでもメッセージを送る事ができるんだけど、読んでもらえない。
なぜかというと、友達じゃない人からのメッセージは「その他」という所に入って通知も来ない。

全ユーザー要確認!Facebookメッセージのとんでもない落とし穴!!
http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/18231

じゃ、メッセージが「その他」に入らないようにしますよという事で有料制になるみたいな話もあるので、「お問い合わせはFaceBookからどうぞ!」なんてのは、今後は逆に不親切になるかもしれない。

Facebookメッセージの謎フォルダ「その他」は課金への伏線だったらしい
http://ushigyu.net/2013/04/09/facebook-message-others-charge/

最後に

ほんとにもったいないです。
ネットで発信し続けていればどこから声が掛かるか分かりません。
それを捨てているかもしれません。機会損失です。

実際、僕でもWebサービスを運営していると声が掛かります。
全部が全部、良い話だったり(゚д゚)ウマーな話ではないですが、それでも連絡先を公開する事には意味があります。

メールフォームぐらい設置して下さい!というお話でした。
では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加