ほのぼのニュースで話題の大分合同新聞「ミニ事件簿」がウェブサイト化


こんにちは、fujinyoです。
ほのぼのニュースで話題の大分合同新聞のコーナー「ミニ事件簿」のウェブサイトが新設されました。

何度かはてブなんかで見たことがあったのですが、ほんとにほのぼのしているニュースを扱っています。
ミニ事件簿ワンダーランド

ミニ事件簿とは
The inmates are running the asylumThe inmates are running the asylum / elitatt

ミニ事件簿っち、なんかえ?
ミニ事件簿は1978年(昭和53年)11月1日、小さな事件事故をまとめて掲載するコーナーとして、夕刊社会面で連載をスタートしました。執筆者は主に警察、消防などを取材する報道部の記者2、3人。彼らは若手がほとんどで「サツまわり」と呼ばれています。このコーナーは新人記者の登竜門でもあります。警察署を歩き回り、パトカーのサイレンが鳴れば、現場に駆けつけるー。記者の基本を学ぶ場となっています。

なるほど、ミニ事件簿は新人記者の登竜門なんですね。
ここでいろんな事を経験して、他のコーナーを担当したり記事を書いたるするわけですね。

こんなニュースが掲載されています

で、どんなニュースがあるかというと…

ね、まさにほのぼのニュースでしょ。
癒されますね、挿絵もいいです。

過去記事からとっておきのネタも見られますので、30年以上前のニュースを見るのもおもしろいかもしれませんね。
では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事