PayPal(ペイパル)が6月末に改修されるそうなので、個人開発者として思う所を書いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ふじーにょ(@fujinyo)です。
PayPalさんから本日、「システム改修に伴う決済画面の仕様変更のお知らせ」というメールが届きました。

メール本文を読んで、僕はびっくりしました。

PayPalが6月末に改修されるそうなので、個人開発者として言いたいことを書いてみた

2013年6月末に改修

2013年6月末のシステム改修に伴い、「クレジットカードで支払う」が「PayPalアカウントの作成」に変更になり、クレジットカード情報や個人情報を入力後、パスワードを設定して必ずペイパルアカウントを作成していただくことになります。

ざっくり言うと、「PayPalで買い物する時は必ずアカウント作ってね(ウフ」と言うことだ。
6月末まで(もちろん今も)PayPalの決済画面はこのように表示されている。

PayPalの決済画面

現在のPayPal決済では、決済方法が2つあり既にPayPalアカウントを所持しているユーザーは、PayPalへログインするだけで登録してあるクレジットカードで支払いが可能なので支払いする際に、あれこれと入力する手間がない。逆に、PayPalアカウントを持っていない人でも、「クレジットカードで支払う」から所定の項目を全て入力すればアカウントを作らなくても支払いができるのだ。

で、今回の改悪改修は、この「クレジットカードで支払う」機能を無くして、PayPalにアカウントがない方にはまずアカウントを作ってもらってという話になるようである。ははは、これはダメでしょ。

Twitterでも驚きの声が…

なぜ今回の改修が改悪なのか

売り手側に回った事がある人なら、今までのお話でもうおわかりかと思うが、決済完了までのユーザーの手間が確実に増える。
ましてや、PayPalはまだ日本で完全に浸透しているとは言えないので、購入したいユーザーがPayPalという知らないサイトに飛ばされてアカウントまで作るだろうか。

メール内の「仕様変更によって取引件数が減少しませんか?」という質問の回答には、こう書かれている

Q3:仕様変更によって取引件数が減少しませんか?
A3:わずかなクリック数で決済ができるようになり、買い手の利便性が向上することで、中長期的に取引件数に貢献できると考えています。

いや、違う。わずかなクリック数で決済できるのは「既にPayPalアカウントを持っている場合」だ。販売サイトから別の決済サイトへ飛ばされてユーザー登録を促されれば、そこで離脱してしまう人が増えると僕は考えている。

それでもどうしようもない

じゃあ、PayPal使うの辞めますか?と言われればそうも出来ないのが悲しい所である。
PayPalの良さは、ズバリ手数料の安さであり、導入のしやすさ。即日で決済システムをサイトに導入する事もできる(本人確認が期間内に必要ではあるが)。

以前、あるガラケー向けモバイルサイトを運営していた時にガラケー向けにはPayPalが使えない事を知ったので他社の決済システムを導入した。もちろん、月額利用料も固定でかかるし、1回の決済につき手数料も取られる。個人や小規模のチームで運営する場合に、毎月かかる固定費は痛い。結局、そのサイトはサービスを終了したのだけど、やはりPayPalはいいなと思った。

今回の件の解決策として望むことは、PayPalにはユーザーがアカウント登録を躊躇しないぐらい認知度・普及度をあげて欲しいと思うし、PayPal以外の決済サービスには、PayPal並の手数料と導入のしやすさでサービスを展開していただきたいと思う。

では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加