僕がWebサービスを作り始める前にやる3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、fujinyoです。
毎日のように新しいWebサービスが生まれていますね。

中には、「そんなアイデアがあったか…!」と驚くものや「○○と似ているなぁ」と思うものなど様々です。
僕も常に、なにかヒントがないかとアンテナを張っています。そんな僕がアイデアをひらめいた時にやる事をご紹介します。

1. モチベーションを確認する

僕は、基本的にひとりでWebサービスを作っています。
企画、コーディング、デザイン、告知などやることはたくさんあります。

もちろん好きでやっているからいいのですが、新しいアイデアが降ってきた時に「今、取り掛かってるコトを無視してでも作りたい!」と思えるかどうかはすごく重要です。
最初のモチベーションが強ければ強い程、製作途中で「あぁ、どうでもよくなったなぁ」って事にはならないと感じています。

今まで、製作途中で諦めたサービスは2つありましたが、その内の1つはアイデア自体も大したことはなくなんとなく時間つぶしで作っていました。
その残骸は、HDDの中で眠っています…

2. 頭の中のアイデアを整理する

作りたいと思えるモチベーションが高くても、すぐに作り始めることはせずにまずはアイデアを整理しましょう。

そのサービスのターゲットは?イニシャルコスト(初期費用)は?どうやってそのサービスでマネタイズするの?
などなど、頭の中でグチャグチャになっている情報をまとめます。紙に書いてもいいし、ワードでもメモ帳でもまずは整理します。

僕が整理する時に使う項目は以下です。

●サイト名
とても重要です。人間に対しても検索エンジンに対しても。最初、僕は「どうせ作るならカッコイイ名前」と思ってました。
●ドメイン
ここで購入まではしなくとも、空きがあるかぐらいは必ずチェクします。
●ターゲット
どんな人がどんなシチュエーションで使うのか?を考えます
●概要
サービスの概要です。1行で説明できて誰でもわかるのがベストです。
●詳細
サービスの詳細です。サイトの活動のサイクルを書いておきます。
●マネタイズ
サービスでお金を集める事を目指すならこれも考えます。どういった手段があるかは、「ミームの死骸を超えてゆけ」の記事が参考になります。

インターネットでカネを稼ぐ方法は五ツしかない / ミームの死骸を越えてゆけ
1. 広告型 — 見る人を集め、見せたい人がそれを買う
2. 実経済加速型 — ネットのコスト削減効果を活かす
3. サービス提供チャリンチャリン系
4. 仮想世界のデータ販売 — ファンを集め、世界観を売り出す
5. プラットフォーム構築 — 選ばれし者の胴元化戦略

●サーバー
サーバー選びも重要だと思います。使い勝手は、実際に使ってみないとわかりませんが、最初から高性能のサーバーを選ぶ必要はありません。
●デザイン
サイト全体のデザインやロゴについて。BootStrap等のCSSフレームワークを使うのかや、メインカラーについて書いておきます。
●初期費用
いくら安くサービスを立ち上げられるとはいえ、きっちりと計算します。サーバー、ドメイン、デザイン費など。僕はデザインは極力自分でやりますが、ロゴやイラストはLancersというサイトでデザイナーさんに依頼しています。オススメです。
●宣伝/告知
僕はコレがまだうまくやれてませんが、宣伝や告知の方法を考えておきます。
でも最初は、簡単な事でいいと思います。友人にメールやSNSで連絡したり、自分のブログで記事にしたり、プレスリリースを打ったり。
最初から大きなお金は掛けられませんから、僕は「SEO Japan」の記事を参考にしています。

お金が無くとも実践できる21の素敵なマーケティング手法 / SEO Japan
インターネットで誰でも自社サービスを簡単に世界に売り込めるようになったと言っても、サイト制作や広告宣伝にはお金がかかり、SEOするにしても外注すればお金がかかる(&結果の保障なし)だったりするわけです。同じく0から始めたシリアルアントレプレナーの筆者が、そんな悩めるあなたにお金が無くとも実践できるネットマーケティングの手法を21も紹介してくれました。これを読めば「お金が無くて自社サービスを十分に売り込めない」なんて言い訳は通用しなくなるかもなので、ある意味覚悟して読むべきかも? — SEO Japan

●検討事項
サービス開始までに解決しておきたい問題や、自分ではわからない、まだ調査してない事も明文化しておきます。

これだけまとめると、「ココはもっとこうしよう」とか「コレはまずそう…」など良い点悪い点が見えてくるのでそこからさらに考えます。

3. 他の人にアイデアを見てもらう

アイデアが自分の頭の中で整理できたら、知り合いにアイデアを見てもらうようにしています。
サイトを形にする前に、自分以外の誰かの意見を聞くのは重要です。それもできれば複数人。

僕も実際、2で作ったまとめを記載したテキストファイルを送って「どう思いますか?」って聞きます。
アイデアに対する意見の他にもこういう人にもアイデアを見てもらえば?などとにかくありがたい意見を頂戴できます。

頂いたアドバイスを参考に、アイデアを修正するかひとまず眠らせておくのかを自分で決めます。

晴れて、自分の中で「サイト制作実行!」となれば速やかに制作に入ります。

最後に

これが、僕がWebサービスを作る前にやる3つの事です。
この記事が誰かの参考になれば幸いです。

では、また。

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加