弥生会計(やよいの青色申告)のインストールID(ライセンスID)と認証を解除する方法


こんにちは、ふじーにょ(@fujinyo)です。
作業用のWindowsPCが不調になり、昨日は夜遅くまでOSの再インストールから復旧作業をしていました。

作業中に「やよいの青色申告」を再インストールする際にハマったので備忘録として記事化しておきます。

弥生会計(やよいの青色申告)のインストールID(ライセンスID)と認証を解除する方法

インストールにはライセンス認証が必要

やよいの青色申告に限らず、他の弥生会計シリーズもインストール時にライセンスの認証を促されます。これは、不正コピーの防止等の目的でありライセンス認証を行わないとインストールから30日経過後に使用できなくなると公式ページにあります。

ライセンス認証とは、不正コピーを防止する技術で、正規に使用を許可されたソフトウェアであることを確認するためのものです。弥生製品インストール後、必ずライセンス認証を行ってください。
ライセンス認証を行わない場合、弥生製品を使用できる日数(猶予期間)は初回起動時から30日に制限されます。猶予期間を過ぎると、その弥生製品を使用することはできなくなります。また、弥生製品の起動時に認証を促す画面が毎回起動されます。
猶予期間が過ぎてしまうと、ライセンス認証が完了するまで、弥生製品を使用することはできません。ライセンス認証を行わずに終了した場合は、弥生製品を再度起動してライセンス認証の手続きを行ってください。
弥生製品では、1台のPCにつき1ライセンスが必要です。また、故障などの場合に備え、同時に使用しないことを前提に追加1台までライセンス認証を行うことができます。
http://www.yayoi-kk.co.jp/license/about_license_auth.html

ライセンス認証時にエラーが出てしまう

さてさて、もちろん僕もライセンス認証を行ったのですがエラーが出てライセンス認証が完了しません。既に別のPCにて認証が行われている為、新たにこのライセンスを認証できないという事でした。

こうなると、「ライセンス認証の解除」という処理を行う必要が出てきます。これがなかなかにやっかいなのです。

じゃ、解除しましょうよ

解除してね!って言われたら解除するしかありません。そうしないと使えませんから。
解除するにはまず、弥生会計の公式ページ内の「マイページ」へログインします。

僕の場合は、ここにログインするのも手間取ってしまって(会員登録してた事すら忘れてた…)大変でした。ちなみに、弥生IDは「メールアドレス」になっているようです。

ログイン出来たら、こんなページが表示されます。
ページ中央の「ライセンス認証・認証解除の実行」をクリックします。

ページ中央の「ライセンス認証・認証解除の実行」をクリックします。

そうすると、認証と解除についての流れが表示されます。
ページ下部のライセンスの認証の解除を行う製品シリーズを選択します。

ライセンスの認証の解除を行う製品シリーズを選択します

シリーズを選択すると、「ライセンス認証解除情報」を入力するフォームが表示されます。

「ライセンス認証解除情報」を入力するフォームが表示されます

項目を見てみると…ん?ライセンスID?なにそれ?

ライセンスIDをいくら探してもわかりません。インストールディスクのパッケージのもの(弥生製品登録番号)とも違うし…。

いや、ライセンスIDってなんやねん

で、ライセンスIDってなんやねんってお話なんですが別名インストールIDとも呼ばれるもので
ライセンス認証を解除するPCに対して、弥生会計付属の専用ソフトによって表示できるもののようです。
(そんな事より、ライセンスIDとインストールIDって呼び方が2つもあるって…。)

はい、既に再インストール済みの僕の場合は表示する手段がありません…。
それでも心配ありません。ライセンスIDが確認できなくても認証の解除はできます。

ここからライセンス認証解除の方法はじまるよー

長々と書きましたが、ライセンスID等を確認する事なくライセンス認証の解除を行う方法があります。

先ほどと同じように、弥生会計の公式ページ内の「マイページ」へログインします。
ログインしたら、「保有製品情報、弥生製品登録番号、ライセンス認証状況の確認」をクリックします。

「保有製品情報、弥生製品登録番号、ライセンス認証状況の確認」をクリックします

そうすると、あなたの保有製品一覧が表示されます。

保有製品一覧が表示されます

保有製品の中からライセンス認証の解除を行いたい製品の「ライセンス認証状況の表示」をクリックします。

ライセンス認証の解除を行いたい製品の「ライセンス認証状況の表示」をクリック

「ライセンス認証状況」が表示されますので、解除したいライセンスの左側のラジオボタンをクリックします。
ラジオボタンをクリックして選択すると、認証情報がググっと下に広がるように現れます。
さらにページ下部の「弥生登録認証情報を解除する」をクリックします。

「弥生登録認証情報を解除する」をクリックします

登録認証情報の解除フォームが表示されます。さぁ、あと少しです。
「製品バージョン」「コンピューター識別番号」「解除理由」それぞれを確認、選択して「入力した認証解除情報を確認する」をクリックします。

「入力した認証解除情報を確認する」をクリックします

ここで最終確認です。
全て問題なければ、「弥生登録認証情報を解除する」をクリックします。

「弥生登録認証情報を解除する」をクリックします

おめでとうございます。
この画面が表示されたら、解除は完了です。

新しくインストールした弥生で、ライセンス認証が正しく行えるはずです。

最後に

長い記事にお付き合い頂き、ありがとうございます。
そして、お疲れ様でした。

わかりにくい上に面倒な処理でしたが、どうしてもわからない場合は弥生会計の窓口に電話するのが一番早いかと思います。

2015.09.10 追記

現在は、PCにインストールする形式ではなくオンライン上で会計情報を入力、確定申告サポートまで行うオンラインサービスが提供されています。

僕は、MFクラウド確定申告を使っています。オススメです。

やよいさんも同様のサービスをやられているようですね。

参考 : 【弥生会計】PCクラッシュ時のライセンス解除方法

[PR] 「結さん」があなたに代わって開発案件の依頼主を探します

  • 「既存のクライアントにギャラアップは言いにくい」
  • 「営業活動する時間がないし、苦手」
  • 「仕事が途切れたらどうしよう」

ITエンジニアのこんな悩みを「結さん」が解決してくれます
結さんへの無料会員登録後は提案メールを待つだけです!

関連記事